胸のバストアップに関して

若い頃はピンと上向きで張りのあるバストだったのに、出産を経て卒乳を期に一気に垂れ下がったバスト…。
楽だからという理由でブラキャミばかりを愛用した事も垂れ乳に拍車がかかった気がします。

そこでおすすめでやるべきなのは、まずはナイトブラです。
参考:https://www.rinosan.net/how2-choose-nightbra/

ナイトブラも良かったんですが。さすがに30歳を過ぎ、ブラだけに頼るのはまずいと思い胸筋トレーニングを始めました。
バストアップのトレーニングにはとても種類がたくさんあるのですが、その中でも家で出来るものを調べて探しました。すぐには効果はでないので、毎日続けることが大切です。
いつ、どこでも気付いたときに出来るように器具は使わずに私はトレーニングしています。そのなかでも特におすすめなトレーニングを二つ紹介します。
ひとつめは「合掌のポーズ」です。とても簡単で両手を合わせて、ぎゅっと押し合うだけです。具体的なやり方です。
1、背筋を伸ばし両手を掌で合わせて手を押し合うように力をいれる。
2、そのまま両手を顔の前まで持ってきてそこから5秒キープする。
3、おへその方までゆっくり手を下げて5秒キープする
4、これを10回くりかえす。

ふたつめは「ワイド腕立て伏せ」です。両手を肩幅よりも広げて腕立て伏せをします。ワイド腕立て伏せはキツいですが効果は抜群です。
具体的なやり方です。
1、腕を肩幅より少し広く広げ、肩の真下の位置の床に手をつく。
2、息を吐きながらゆっくり腕を曲げる。
3、息を吸いながらゆっくり腕を伸ばす。
4、これを10回×3セット繰り返す。
呼吸を止めないことが大切です。
紹介したふたつのトレーニングはどちらも大胸筋と小胸筋が鍛えられます。バストアップには大胸筋と小胸筋を鍛えることがとても大切です。
大胸筋はバストの土台とも言える大きな筋肉でバストアップのためにまず優先的に鍛えたい筋肉です。
胸は脂肪組織が約9割と乳腺組織が約1割という構成でできています。
大胸筋を鍛えることによってこの重さを支えることができ結果、バストアップが可能になります。
そして小胸筋は大胸筋の奥に位置するインナーマッスルです。
肩甲骨と肋骨をつなげる筋肉であり胸を全体に上に持ち上げる働きがあります。
小胸筋を鍛えるとバストをぐっと上に持ち上げることができるので、バストアップに効果的。
また筋トレやストレッチをして胸の血流やリンパの流れを良くするのもバストアップには重要です。毎日続けて私は少しはましなバストになってきたように思います。重力に負けない胸を作るように頑張っていきたいですね。